前日から一際、氏と夏場の終わり将来の?が頭から離れない

三男の幼馴染が上3ヶ月で転校することになりました。。。
ママはわたしの3才年下で、考えも合って仲良くお社交していたので我々も残念です。
「只今」こういうときは「只今」しか無くて、永遠に貫くものは無いとわたくしは思っていて、だからこそ「只今」を大切にしようと終始思っています。
そんなに分かっていながらも、実に心のどこかで三男とその幼馴染さんの生育を始終見続けられると思っていた自分に驚きました。
なるほど、あたりまえってもちろんないんだなあ、と又もや感じました。
必ず三男も思っていたことでしょう、そのお子さんと一緒にあたりまえみたいに小学生を終了し、そのお子さんと一緒にあたりまえみたいに中学生へ進学して、高校生はもしかしたら別々に患うかもしれないけれど、お家は隣席だしあたりまえみたいに面構えは積み重ねるだろうって。
でも、そういった未来は来ないのです。
「おはよー!」と常々入口をたたく恋人の元気な所見が聞けなくなると思うと果てしなくさびしいだ。
悲しいと大泣きやる三男を「離れたら個々じゃない?離れても絶えず個々だ?」と
抱き締めながら諭しながら一段と涙は持ちこたえたのでした…。
ミッドナイトヒソヒソ涙しましたけどね(^_^;)
おかげで今日は瞳がぼっこり腫れてます…。コンブチャクレンズ 最安値