父親の遺品のワイシャツを奥様のカットソーへリメイク

父親の遺品組合せを通じていた姉から、衣料がたくさんあって悔しいから何かにリメイク出来ない?という呼出。
次いで母体のアウターにリメイクすることにしました。
母体も嬉しそう。
一層3着、アパートにとって帰り分裂手続きだ。
こういう分裂手続き、袖、カフス、身頃、襟などパーツごとに糸をほどきバラしていくのですが、これが大いに危険。
ほどいた各パーツに型紙を併せたら…父親のワイシャツは意外にもミニサイズだったようでがたいは滅多にかわりませんでした。
ほどかなくても、丸々母体が着れたのでは…。
オーダーで作ってもらったワイシャツなのでブランクを取らず、ジャスト容量で作ったようです。
そのままでも母体が着れたかもしれないけれど、等級を取り直してリメーキャップしたので、
必ずメンズくさいワイシャツから系統の綺麗な婦人らしきアウターになりました。
襟を丸くしたり、スタンドカラーにしたり、ビジューや勝負を押し付けたり。
不得意ながらも…下手だからこそ多々いじりたく上るのかもしれませんね。
私でも知っているような銘柄品だったので、服地もとても上質な品だったと思います。
母体もとても喜んで着てくれて、父親への狙いも感じます。
次はスーツの服地で甥っ子らに体荷物を作る本旨だ。http://xn--eckr1ktbwbo7c1694emx6d.xyz/kireimo-taiken.html