やはり勘定が大きいものは製品が良いのだろうか

ケチでほとんど二流しか買わない自身ですが、まれに奮発して宜しいものを買います。
口惜しいけど、金額が張るものはどうしても存在が良いんです。
その仲間が、いつかに買った折り畳み傘だ。
おとな1時まぶたで対価も安かったんですが、当時ほとんど安っぽい折り畳み傘が無く、そしてなんだかスーパーに買いに行ったんですよね。
ウエアも靴も荷物も二流ばかり買ってた自身が。
多額とはいっても3000円ほどでした。
いまだに費消タックスも3〜5パーセントの拍子でしたか。それに、ウエアに見比べたらおよそ安っぽいもんだと思ったんでしょうね。
図案も愛するので買ったんです。
その折り畳み傘、もう極めて長いこと使い続けていますが、何ら色あせることなく、メタル面も錆びてくることなく使い続けていらっしゃる。
強風の太陽でも絶対に(?)折れません。
こういう折り畳み傘を使うと、普通の傘も奮発していいものを購入すれば、長く使い続けることができるのではないかと思ってしまう。
とはいえ、とにかく高い値段の傘を買う気にはどうもなれないのですが。ひげ脱毛tbc